乳がん予防ネット

化学療法・ホルモン療法 -乳がんの治療法-


昔は乳がんが発見されるとすぐに手術が行われていました。
しかし最近では手術の前に化学療法(抗がん剤)やホルモン療法を行い、しこりを出来るだけ小さくしてから手術を行うという手術方法も行われています。
そうすることで乳房の切除部分を小さくすることも可能になります。
また、術後の放射線使用を考えて手術前の化学療法・ホルモン療法を行ったりと、手術の方法は一人一人異なります。
※全ての乳がん手術にこの方法が適用されるわけではありません。
また、この方法が適用されるかは、患者さんの個人差・がんの状態によっても大きく異なります。


<乳がんの治療法・メニュー>
化学療法・ホルモン療法

乳房温存術

乳房切除術

術後療法



[MENU]
乳がんを知ろう
乳がんの予防
チェックしてみよう!
乳がんのステージ
乳がんの治療法
病院の選び方
もし乳がんになってしまったら
手術後のコト
もっと知りたい乳がんのコト
乳がんQ&A
そなえて安心、女性の保険


HOME
お問い合わせ
友達に教える



Copyright(C) 2010
乳がん予防ネット
All Rights Reserved.


乳がん予防ネット