乳がん予防ネット

術後療法 -乳がんの治療法-


術後療法
術後療法とは手術が終わった後の治療の事です。
乳がんの摘出手術を行っても身体の中に取りきれなかったがん細胞が残っている場合がある。
これを根絶し、そして乳がん再発・転移を予防する目的として手術後に行われる。
術後療法には抗がん剤・ホルモン剤・放射線等を摘出したがん細胞組織の病理結果・ しこりの大きさ・年齢やリンパ節転移がある場合等さまざまな条件から各患者にあった最適な術後療法を決定する。
乳がん治療の世界はまさに日進月歩。
乳がん患者の人は手術が終わった後も、乳がん再発を防ぐためこの術後療法を長い間続けていく事になります。


<乳がんの治療法・メニュー>
化学療法・ホルモン療法

乳房温存術

乳房切除術

術後療法



[MENU]
乳がんを知ろう
乳がんの予防
チェックしてみよう!
乳がんのステージ
乳がんの治療法
病院の選び方
もし乳がんになってしまったら
手術後のコト
もっと知りたい乳がんのコト
乳がんQ&A
そなえて安心、女性の保険


HOME
お問い合わせ
友達に教える



Copyright(C) 2010
乳がん予防ネット
All Rights Reserved.


乳がん予防ネット