乳がん予防ネット

乳がんの検査・視触診 -乳がんの予防-


視触診とは文字通り医師が乳房全体を見て、直接触ってしこりがないか、 乳房の皮膚・乳頭や乳輪の異常が無いかを調べる。
古くから最も広く行われている 検査方法です。
しかし、この方法は医師の経験と技術によって見つけにくい小さな しこりを見つけられるかに差が生じやすいためこれだけでは限界があります。
しこりのある場合は注射器の針を刺してしこりの細胞を採る「細胞診」を行います。
しこりがあったとしても全て悪性というわけではなく、良性の場合も多いのです。
この時の先生の触診を、今後の自己検診の参考にする人も多いようですよ。



<乳がんの予防・メニュー>
早期発見が一番!

病院へ行こう!

検査の方法

検査前

検査当日

問診

視触診

超音波(エコー)検査

マンモグラフィ検査

私達が出来る事



[MENU]
乳がんを知ろう
乳がんの予防
チェックしてみよう!
乳がんのステージ
乳がんの治療法
病院の選び方
もし乳がんになってしまったら
手術後のコト
もっと知りたい乳がんのコト
乳がんQ&A
そなえて安心、女性の保険


HOME
お問い合わせ
友達に教える



Copyright(C) 2010
乳がん予防ネット
All Rights Reserved.


乳がん予防ネット